保湿ケアが大切

鏡を見る女性

化粧品とトレーニング

ほうれい線が目立つようになるとシワができたと思われることがありますが、実はこれは間違いです。ほうれい線は、顔がたるむことではっきり出てくるようになる口と頬の境界線なのです。肌は角質層と真皮層に分かれ、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンといった成分が水分を保持して皮膚に弾力とハリを与えています。ところが、乾燥や紫外線ダメージ、加齢などによって肌が衰えるとこれらの成分は減少してしまい、ハリがなくなってしまいます。その結果、たるみが生じ、ほうれい線が現れるようになります。また、加齢によって表情筋が衰えたときも肌はたるみます。そのほか、皮下脂肪がついたりむくんだりしたときもほうれい線が目立つようになります。ほうれいの対策方法には、化粧品によるケアと表情筋のトレーニングの2つがあります。ただし、化粧品で対策できるのはコラーゲンやエラスチンの減少によって起こる浅いほうれい線です。化粧品で保湿して潤わせたり、コラーゲンやエラスチンの生成を促したりして解消を目指します。表情筋の衰えや脂肪、むくみなどが原因でできたほうれい線では、化粧品で保湿しつつ、トレーニングやマッサージも行ってて表情筋を鍛えるといった対策が必要です。ほうれい線対策で化粧品を選ぶときは、ヒト型セラミドやヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの保湿成分がしっかり配合されているものを選びましょう。スクワランやアルガンオイルなど、リッチなオイルで水分の蒸発を防ぐ成分もおすすめです。また、コラーゲンの生成を促進するビタミンC誘導体や、肌のターンオーバーのリズムを整える働きがあるレチノールも効果的です。

Copyright© 2018 そばかす治療で美しい肌になろう【 2つの種類の波長のレーザー】 All Rights Reserved.